HOME防災関連製品火災報知機改修用リフレッシュハッチ

火災報知機

改修用リフレッシュハッチ

安全製、耐久性、機能製に120%でお応えするオーダーシステム

 
災害対策は備えあれば憂いなし。だからといって、最後の切り札の避難ルートが使いものにならないのでは論外です。当社は設立以来長年に渡り、安全性と信頼性 の高い避難器具の研究、開発に取り組んでいます。豊富な実績と経験に裏打ちされたノウハウで、ビル、マンションの老朽化した避難口のリフレッシュを自信を 持ってお手伝いします。

バツグン施工簡易性

撤去から設置まで確実な安心へのリフレッシュをお手伝いします。

改修工事は既設ハッチの撤去から始めるため、工事中に発生する建物や付帯設備などへの影響も考慮した安全な設計、管理を必要とします。

当社では、既設ハッチ環境の入念な診断から現地採寸、設計、製作、施工にいたるまで、完全なオーダーシステム方式を採用。改修に関わる一連の業務を全て当社の専門技術者が、責任を持って行います。

バツグン 安全性、耐久性、信憑性

オールステンレス製オリローハッチで避難口を上部で美しく

せっかくの避難器具も建物の老朽化と共にハッチの蓋が錆びついたり浸食したりして無用の長物になっていませんか?

当社ではいち早く従来の鉄鋼材に代えてステンレス材を使用、避難器具 へとしての絶対条件である非常時への信頼性向上に積極的に取り組んでいます。上蓋、下蓋、枠は耐久性、耐蝕性を考慮したオールステンレス製。いざという時のために避難口はいつも、丈夫でいつでも使用できる様に保ちたいものです。

バツグン 操作性

慌てて急ぐ時だからこそ誰にでもできる簡単操作

災害時は誰もが沈着冷静に行動しようと思っていてもいざとなると慌ててしまいます。そんな非常時だからこそ誰もが簡単に操作できる工夫が非常に大切です。

当社では他社に先がけいち早く避難ハッチのステンレス化への研究、開発に取り組んできました。この豊富な経験と実績から、ステンレスハッチを独自に考案、開発いたしました。いざという時だからこその簡単操作性を重視しています。


1.診断
当社の専門スタッフが入念に腐食、老朽化の度合いをチェック。状況に応じた適切な強度、安全性への対策を検討します。
2.彩寸
現場採寸は既設ハッチ一台一台を正確に採寸するだけでなく、ベランダ床面の水勾配状況や埋め込まれた状態なども含め、きめ細かく採寸します。
3.設計
現地採寸に基づき、製作図面を設計します。
4.製作
製作図面を基に、専門当社工場で一台一台製作します。当社工場は、独自の機械化、作業の合理化によりオーダーにもかかわらず、納期の短縮化、低コスト化を実現しています。
5.清掃、養成作業
改修作業を始める前に、既設ハッチの周辺や撤去せずに残す部分の腐食箇所を清掃し、その後の作業中に発生する塵や埃、切り屑等が、飛散しないように処理しておきます。
6.撤去作業
既設ハッチの中枠だけを残し、その他の部分は撤去します。
7.交換作業
ジャストフィットに製作された新しいハッチを、上下よりはめ込み、上下枠部分をボルトまたは溶接、アンカー等で固定したあと、梯子を取り付けます。
8.防水、点検処理
ハッチの開閉、梯子、ステー装置の点検、調整を行い、最後には上枠回り縁の外周をコーキング剤又はモルタルで防水処理し、工事の完了です。

「リフレッシュ完全オーダーシステム」の概要

ページのトップへ戻る