HOME消防車水槽車ラインナップ水槽付消防車 水IA型・水IB型

消防車 水槽車

水槽付消防車 水Ⅰ-A型

  • 概要
  • 仕様・スペック
  • フォトギャラリー

初期消火や水利の不便な地域などでのスピーディーな消火活動をサポート

水槽付消防車 水Ⅰ-A型写真

水槽付消防車は災害現場に到着するとすぐに放水できる消防車で、水槽付消防ポンプ自動車・タンク車などと呼ばれます。水槽車は水槽容量が1,500L以上2,000L未満の車両は水Ⅰ-A型・水Ⅰ-B型、2,000L以上の水槽を積載した車両は水Ⅱ型となります。なお、水Ⅰ-A型と水Ⅰ-B型の違いはホースカーの有無で分類され、ホースカーを積載した車両が水Ⅰ-B型となります。
モリタの「水槽付消防車(水Ⅰ-A型、水Ⅰ-B型)」は、1,500Lの水槽を装備しており、A-2級の水ポンプによって2,000L/分以上(0.85MPa時)の放水が可能です。

水槽付消防車 水Ⅰ-B型

ホース延長用資機材(絡車)の搭載により離れた火災現場でも素早い初期消火を実現

水槽付消防車 水Ⅰ-A型写真

水槽付消防車は災害現場に到着するとすぐに放水できる消防車で、水槽付消防ポンプ自動車・タンク車などと呼ばれます。水槽付消防車は水槽容量が1,500L以上 2,000L未満の車両は水Ⅰ-A型・水Ⅰ-B型、2,000L以上の水槽を積載した車両は水Ⅱ型となります。なお、水Ⅰ-A型と水Ⅰ -B型の違いはホースカーの有無で分類され、ホースカーを積載した車両が水Ⅰ-B型となります。
モリタの「水槽付消防車(水Ⅰ-A型、水Ⅰ-B型)」は、1,500Lの水槽を装備しており、A-2級の水ポンプによって2,000L/分以上(0.85MPa時)の放水が可能です。