HOME消防車作業車ラインナップ屈折はしご付消防車 MSC20・MSC25

消防車 作業車

屈折はしご付消防車 MSC20・MSC25

  • 概要
  • 特徴・詳細
  • 仕様・スペック
  • フォトギャラリー
  • ムービー

救難場所へ。その時届く、技がある。MSC25

小回りと自由屈折

停車位置の限定される救助現場で、小回り性能とフレキシブルな屈折ブームが救助の可能性を引き出します。

更にせまい道幅の現場へも進入することが可能です。

MSCはシャシが8tサイズ。従来より大幅に小型化され、緊急時の進行ルート確保や救助現場での小回り性能で、道幅の狭い道路も自在に左右折可能。

更にせまい道幅の現場へも進入することが可能です。

※道路幅が5600~5700の場合

ワンサイドモードで、
さらに狭い場所での活動が可能に。

ワンサイドのアウトリガーでも十分な安定性を確保。他の車両等の障害物のある現場や、 狭い路地など最小限のスペースで高所での消火・救難活動を行うことが可能です。

ワンサイドモードで、さらに狭い場所での活動が可能に。

伸縮ブーム&屈折ブームでより広い活動範囲を実現

高所での障害物回避

電柱・電線も自在にクリア

伸縮ブームと屈折ブームの組み合わせにより、従来の救助活動の大きな妨げとなっていた「電柱」等の高所の障害物もラクラクとクリア。低層・中層階の救助はもちろん、高層階の目標地点まで容易に接近、あらゆる現場に対応可能です。

電柱・電線も自在にクリア

屋上フェンスやビルを乗り越えて。

高速道路の高架の防音壁や、ビルの屋上の清掃ゴンドラレール、手前にあるビルなどを超えての救助など、行く手を遮る障害物をまたいで目標地点まで接近することが可能。 緊急を要する救助活動を、スムーズに行えます。

屋上フェンスやビルを乗り越えて。

設置自在

バスケットへの乗降場所を選びません

バスケットへの乗降場所を選びません

広範囲にわたってバスケットを地上に降ろすことが可能です。
その為、地上の障害物・車両配置などを気にすることなく、どこでも安全に乗降することができます。また、オプションのストレッチャー使用時にも地上から降ろせるので安心です。

バスケットへの乗降場所を選びません

マイナスへもアプローチ

河川、海面での水難救助に。

河川、海面での水難救助に。

河川、海面での水難救助に。

MSCは地表約マイナス6m(バスケット床面)まで下降することができます。スノーケル車=高所のイメージを根底から覆す画期的な性能です。橋脚から河川へ、堤防から海面へなど、水難救助・ガケ下救助などにも能力を発揮します。

首降りバスケット

斜め位置からの救助にも。

斜め位置からの救助にも。

斜め位置からの救助にも。

バスケットは左右各45°の首振りが可能。常に対象物の正面に乗降口を接近させることができ、安全な乗降をサポートします。

簡単な操作でより安全な活動を実現。

コックピットは人間工学に基づき設計。操作レバーの配置はもちろん、座席にはリクライニング機能も装備。標準装備の大型ディスプレイは、数字だけではわかりにくい作業状態を一目で把握可能。

コックピット全体

コックピット全体

現場全体を見渡すことができる快適なコックピット部。

基部操作部

基部操作部

基部操作画面

基部操作画面

バスケット内操作部

バスケット内操作部

基部同様の操作が可能。現場に近い場所でより細かい操作を実現します。